fc2ブログ

日々の生活と雑学の覚書・・・・・・正体わかっても言うなや? ククサを交換してくれる人募集中。

2024-03

一番左へ| |

大魔法使いクレストマンシー シリーズ

まずは最近一気読みした本を。
これも挿絵が佐竹美穂さんだったので選択して大当たりだった本。
 
大魔法使いクレストマンシー ・クリストファーの魔法の旅  
       ・魔法の館にやとわれて
        ・魔女と暮らせば
        ・魔法使いはだれだ
       ・トニーノの歌う魔法
       ・(外伝 )魔法がいっぱい
        ・キャットと魔法の卵
著者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
挿絵:佐竹美穂
ジャンル:ファンタジー児童書
食べ応え:サンドイッチ。
具は色々あって面白い。
食べ応えはそこそこで、あくまで軽食。
 
外伝の『魔法がいっぱい』のみ短編集。
物語上の時系列で並べると↑見たいな感じになるが、
発表はこの順番ではない。
一巻毎にちゃんと話が終わっていて、シリーズだが続きものではないので
一気読みの必要はない。
書かれた順に読んだほうがいいかもしれない。
 
総合すると、(『魔法使いはだれだ』と短編集はちょっと毛色が変わっているが)
大魔法使い=すんごい強い力と能力をもった魔法使いであるクレストマンシーという称号を持った
クリストファーが魔法で色々やってくれる話。
こう書くとつまんなさそうだが、実際にはこのクリストファーというおっちゃん(巻によっては少年)が
なんとも個性的でしかも世間の常識からどこかずれていて、それがまたかっこよくてそのくせ
重大すぎるくらいの弱点も持ってたりしてとにかく面白い。
 
ちなみに、クレストマンシー自身が主人公であるのは『クリストファーの魔法の旅』のみ。
あとは各巻毎に主人公が違い(キャットは複数回主人公になる)、その主人公達が
(見方によっては)クレストマンシーに振り回される。
 
子供達の心理描写(と言って良いのか?)も秀逸だ(この人の本は皆そうだけど)。
大人から見れば
「いやそこはああしとけば問題起こんないのに!!」
ってところを、この話の主人公達は
「あ~確かに自分が子供だったらこう考えてこう動くだろうな~」
という風に考えて行動して問題を起こしてくれるのがまた面白い。
 
そんなに押し付けがましくないし、小学生から大人まで軽く楽しめる。
関連記事
スポンサーサイト



ホームに戻る
左端へ | | |

コメント。適当にどうぞ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック・適当にどうぞ

http://ms2yorozuyanikki.blog.fc2.com/tb.php/462-7effc124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

プロフィール

M・S

Author:M・S
2012年11月28日~毎日更新。

ブログ引越し一周年企画迷走中。
二周年企画完了。
元ブログは↓

最新記事

↓お気軽にどうぞ↓

足跡帖

万屋日記(元:Yahoo!ブログ)のゲストブックに繋がっています。
返信は遅くなる可能性があります。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

日記 (4356)
工作・手仕事 (538)
バイク (451)
食 (750)
本 (132)
雑学・雑考 (252)
隔離室 (45)
未分類 (302)

かうんた

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

たぐ(記事が古い順に並ぶ)

一人ツーリング 旅行 レシピ 季節行事 ウチの嫁(生物の方) 植物 ドイツ旅行 猟記録 和装系 

月別アーカイブ