fc2ブログ

日々の生活と雑学の覚書・・・・・・正体わかっても言うなや? ククサを交換してくれる人募集中。

2018-01

一番左へ| |

難しい問題

昨日の記事にもちょっと関連して。

自分の専門はよくわからんと言われるが、
本来の専門は
「揺り籠前から墓場後までをとーたるさぽーと」する学問。
はっきり言えば農学。

この農学と言うやつ、実はアホみたいに広い分野にまたがっている。
何でか。
世界史で習ったとおり、現在の人間が人間となり
文明を得た一因が「農業」だから。
農業をやって定着する事が文明の興りになった。

その為、農学部で学べる分野も恐ろしく広い。
家も建てるし(山林業等)大規模工事もするし(水田他)
経済もやるし(農業経営等)数学もやるし(統計学)
文学もあるし(農村文学)機械もいじるし(農業機械他)
心理学もやるし人文学もあるし歴史も学ぶし化学もやるし薬学もやるし医学もやるし正直わけわからん。
取る単位によって様々な物が学べるので、
やる気さえあれば超マルチ人間にもなれる。
ちなみに自分は古代エジプトのヒエログリフも学んだ。
現状役に立つ事は殆ど無い。

で、自分はその中でも「生物学」が基本。
農業とそれに関わるマクロな生物学って所。
狭い世界だからサクッと身バレるのでこれ以上細かくは言えない。
生物も分野が広いから色々あるんよ~。

で、だ。
本題に入ろう。
昨日の通り、残渣の問題は結構難しい。
なぜなら、それを食べて生きているものがいるから。
それが全くなくなったら、それを食べて生きていた物たちは死ぬ。
全滅しなくとも数を減らす。
現状、某論文によると、自然死の死体の3倍ほどの
狩猟や駆除による死体が転がっていた事もあるらしい。
結構な量だ。

じゃあ狩猟やらによる残渣がなくなると自然界の死体の数は
1/4になるかと言うとそう単純でもない。
狩猟や駆除によって殺される=自然界でも弱くて死ぬという
可能性もそれなりにある。
ただ、減るのは確実。
どの程度死体の数が減るかは誰にもわからない。
だって調査自体正確な数は出せないのだから、

これもよく言っているのだが、生物学において真の100%はない。
観測結果から恐らくこう言うことだと思う、という推論を出すのが精一杯。
その為、時々教科書が書き換えられて「うが~~~~!!」となる。
優性と劣性でもう良いじゃんかよぉ…ってこれはまたちょっと違う問題だが。

話を残渣に戻すと、残渣によって生きているものが居るってのがまず1つ。
更に昔はこの残渣を作り出す生き物が居て、
これが居なくなった分を人間が補っている可能性ってのもある。
居なくなった生き物ってのは狼。
人間ほどではないにしろ鹿を獲り残渣を産出?していたのは確かだ。
今も捕食動物としてはヒグマやキツネが居るが、狼に比べると
鹿食の比重は少ないので、残渣量も少ない。

実は日本では、いわゆる自然と人間の活動がリンクしている部分がかなり多い。
これは日本が他国に侵略されない島国だった事に起因している。
ザックリ言うと日本の場合は隣国と戦争して負けてもトップが替わるだけ。
農民は同じ様に同じ畑で働いて税を納める先が替わるだけ。
これが大陸だと、戦争して負けたら勝った国の人間が入ってきて
前から居た人間を追い出してそこに住み着く。
当然農地で作るものや作り方もガラッと替わってしまう。
だから日本では数千年規模で毎年水田が作られ木が切られ、
そのサイクルに合わせて自然の生物が進化した。
大陸だと生物が進化する前に環境が変わってしまう事が多い、とまあ
ザックリいうとこう言う事。
だから日本では人間が行動を変えたせいで
生物が絶滅に瀕するということが良くある。
ありすぎてぶっちゃけヤバイ。

眠いからまあザクッとまとめると、
狩猟や駆除の残渣を全く山に捨てないってのは不可能
(山から2時間かけてピストンしてゴミを運ぶやつがどこに居るんだ…)だし、
それをやってしまうと他の生物への影響もでかい。
かといって捨てすぎたり民家や林道の近くに捨てるってのも
色々問題になるかもだから、捨てるならほどほどにしよう。
と、まあそんな感じ。

あとは程々がどの程度かと言うところだが、
それこそデータの取り様がないからなんとも言えん。
実際に残滓にどんな生物がきてどのような行動が行われどんな影響があるのか
ちょっと調べてみたい気はする。
どっかの大学生頑張れ。
ビデオ設置で出来る簡単な研究だぞ~(悪魔の囁)。
スポンサーサイト



ホームに戻る
| |


 

プロフィール

M・S

Author:M・S
2012年11月28日~毎日更新。

ブログ引越し一周年企画迷走中。
二周年企画完了。
元ブログは↓

最新記事

↓お気軽にどうぞ↓

足跡帖

万屋日記(元:Yahoo!ブログ)のゲストブックに繋がっています。
返信は遅くなる可能性があります。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

日記 (4351)
工作・手仕事 (536)
バイク (451)
食 (750)
本 (132)
雑学・雑考 (252)
隔離室 (45)
未分類 (299)

かうんた

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

たぐ(記事が古い順に並ぶ)

一人ツーリング 旅行 レシピ 季節行事 ウチの嫁(生物の方) 植物 ドイツ旅行 猟記録 和装系 

月別アーカイブ