fc2ブログ

日々の生活と雑学の覚書・・・・・・正体わかっても言うなや? ククサを交換してくれる人募集中。

2008-10

一番左へ| » |一番右へ

本日の目的地ダンロ

一人ツーリング


上諏訪駅前から南に向かい,
3つ目の信号(右手前に八百屋)を右折,
そのまま進んで踏み切り越えて、
右手に「けんしん」の看板見えたらその向かい側。

イタリア田舎料理DANLOに到着

写真では光ってて見えないけど、
オレンジに白抜きでお店の名前が書いてある。

今日は3800円のコースを予約してあるのだぁ

スポンサーサイト



片倉館からの夕焼け

一人ツーリング


あまり夕焼けっぽくないけど夕焼け。
2階の休憩室から行ける、バルコニーから見ると、
諏訪湖越しに夕焼けが見られて綺麗。

ここは自販機のジュースの値段が120円で、
道端の自販機と同じなのが良心的で良い。

ちなみに、貴重品は下駄箱に入れる。
下駄箱は鍵がかかるが無料のロッカー。
脱衣所は、鍵をかけると50円。
まあ、たった50円だが節約。
あと、アルコールもおいてある。

ついでに、隣にある美術館は正直あまり良くない。
片倉館のステンドグラスや建物自体を観て回る方が楽しい。

更に追加情報。
片倉家は諏訪の特産,蚕で一財産つくった。
『犬神家の一族』のモデル。
だからどうした、と言う話。

片倉館で一休み

一人ツーリング



片倉館と言う風呂屋に来ている。

長野県では所々にカタクラと言う名前のついた店等
(カタクラモールとか、ニューカタクラとか)が
あるが、その総本家?が創った古い風呂屋

1000人風呂(本当は100人程度で満員か?)が有名。らしい。

玉砂利のしきつめられた深い風呂で、1mくらいの深さ。
子供のころ何度か来たが、爪先だちで歩き回るのが楽しい。

普通に立てるようになっても、風呂の中を歩き回るのが楽しい。
さすがに泳がないが、泳ぎたくもなる。
歩くと、足の裏が刺激されて良いので、けっこう歩き回る人は他にもいる。

入浴料は500円
風呂の後は2階で一休みしながらたい焼きを食べる。
暑いときに暖かいたい焼きを食べるのも結構美味しい。

つーりんぐ伊那~諏訪

一人ツーリング


今日はのんびり伊那~諏訪でツーリング

まずは伊那までパ~っと行ってしまう。

伊那のケンタッキーでランチ。
DoCoMoのクーポンで安くて美味しくいただく。

箕輪に新しく出来た綿半(長野県に展開するホームセンタ)で
4輪用のスタッドレスタイヤをみるが、JAの方が安くて止めた。
たい焼きが1個50円だったので、カスタードクリームのを買う。
一口食べたら懐にしまう。
カイロと一緒に入れておく。
暖かい。

辰野の米玉堂で写真のビスケットを買う。
右側の、クリームを挟んだやつが、今日は半額だった。
これだけ買って200円。

天龍川に沿って岡谷まわりで諏訪に来るつもりだったが、
急遽山越えコースに。

で、今は諏訪のステーションパーク。
数年ぶりに来た。

前はバイク用品の店があったのだが、潰れて他の店になっていた。

しょうがないので、mont-bellのお店物色中。
あんまりぱっとしないので、そろそろ次の目的地に向かう。

たい焼きはそこで食べるのだ

富山のラーメン

一人ツーリング

富山駅前のビルで献血したら、3食入りのラーメンをもらえた。
富山にはブラックラーメンという黒い汁のラーメンがあると
聞いたことがあるが、これは普通の色。

汁は普通だが、珍しいのは麺。
乾麺で、しかも太い。
おまけに、冷やし中華としても食べられるらしい。

ただひとつ気になったのは、スープの製造者が
愛知県になっていること。
『越中富山のグルメラーメン』なのに。
どうやら富山で作っているのは麺の部分だけのようだ。
なんかごまかされた気分。
まあ、よくあることだが。

昨日のおみやげ

一人ツーリング

昨日は富山に行って献血をしたり
お土産にフクラギという魚の刺身を買ったり、
ゴーゴーカレーとかいうのを食べたりした。

フクラギは、海水浴のときに出会ったことがある。
本当は1匹丸まるが安かったので
それを買おうと思ったが、
魚を1匹背負ってバイクで帰る、というのに
抵抗があったのでやめた。

ところで、富山を走るとき
いつも「うわぁ」と思うのが

縦型信号
路面電車
片側1.8車線

上の2つは教科書とかで見たことあるけど、
最後の片側1.8車線には毎回戸惑う。
車線を区切る線(名前が出てこない)はないのに、
1車線が1.8車線分くらいの幅がある。
追越をかけて良いのかダメなのか、いつも迷う。

平湯で一休み

一人ツーリング


平湯温泉の、ひらゆの森にある足湯で一休み。

写真は、近くのつるや商店で買った温泉卵。
ここのが50円で安くておいしい

足湯は熱いので、足を入れたり出したりしている。
さすがに風呂に入るのは止めた。
危険すぎるし、どうせなら温泉はゆっくり入りたい。

しっかり足と手を暖めたら出発
……だけど、もうちょっと入っていようかな?

富山は暑い!

一人ツーリング

慣らし運転で調子にのって富山市に来ている。
しっかり着込んだら暑かった。
18℃もあった。
そりゃ暑い

これから158号線に向かうが,20時15分から一部完全通行止めになる。
時間の余裕はあるが、迂回路が無いのでけっこうドキドキ。

スリル満天にするために途中で温泉でも入ろうか?

来た

一人ツーリング

GBが帰ってきた


ふと目が覚めて、時計をみた。
まだ帰ってくるには早すぎると思い,
もう一度寝ようとしたが寝られず、
起きて一応駐車場確認したら
居た。

バイク屋さん!ありがとう!!

バイクが~

明日帰ってくるって連絡入って寝られなくてこんな時間までパソコンで遊んでたけど、夜更かししたら折角仕事が休みな明日バイクに乗れないってことに気が付いたんで風呂も入らず今から寝る。

早く乗りたい~

コタツを出した

今朝から冷え込みがものすごいので、やっとオコタを出した。
電源はまだ入れていないが、布団部分に足を突っ込んでいるだけで
結構あったかい。

近所の家々ではずいぶん前からストーブをたいているようで、
煙突から煙がホクホク出ている。

この辺りではストーブは昔っから薪が主流。
この時期になると、冬に備えて薪割りをしている
爺さん婆さんをよく見かける。
高齢化率の高さを実感する。
15時くらいになると、薪の山の影に二人並んで座って
オヤツを食べながら一休みしている。
そんな田舎の風景が、なんかいいなあ、と思う。

ちなみに薪が燃料なので、去年からの灯油の値上がりも余り影響がない。
自分の住んでいるところは新しいアパートなので、灯油ストーブ。
なんか負けた気分になる。

仲良し兄弟・・・か?

弟が1人いる。

この前実家に帰ったとき、久しぶりに弟と話した。
弟と話していると何故か漫才のようになってしまう。
ちなみに、関西圏ではない。
漫才風に言うなら、弟も自分もボケとツッコミ両方こなす。
どちらがどちらと決まっているわけではない。

ちなみに、我が家は基本理系。
ただし、自分は生物系・農学系が主流で、機械系・電気系もこなすが、
父は通信系が主流で、機械系・電気系・工作系をこなす。農学も少々。
弟は電子系が主流で、通信系・電気系少々。工作は苦手。
母は・・・一応生物系?人間環境系かな?

で、まあ、自分と弟は同じ理系でも専門分野が違うので、
互いの専門の話が聞きたくてしょうがない。(知りたがり屋の家系だから)
なので、お互いの専門の話を聞きだすのだが、ついついボケを交えてしまう。

だが、ボケに対してツッコミが普通に入ることもあれば、
ボケに対してマジに返答が返ってきて、そのまま真面目な話に突入することもある。
これが結構面白い。
どういう会話かというと、絶対無理だろう、と言うようなことをボケで言ったとすると、
それを実現するための提案が返ってきて、それに対して更に自分の分野からの
観点でもって追加案を出す、と言うような感じ。
まあ、土台が無理な提案なので、先は知れているのだが。

何はともあれ、そんな会話が出来る弟が居て楽しい、という話。

ただ、どちらもボケとツッコミをこなすのだが、この間に共通の知り合いが入ると大変なことになる。
なぜなら、そいつにツッコミを任せて二人っともボケまくるからだ。
しかも、兄弟でいると、調子に乗ってどんどんボケを連発する。
更には専門知識も引っ張り出して時にはそのボケだけで話が進んでいく。
楽しんでるのはうちらだけか?

夕日と稲穂と落葉松と

山際(西側)の夕日は黄色っぽい。
その理由は、夕日の光が赤くなる前に
山の縁に日が沈んでしまうから。

で、その山際を走っていたら、
黄色っぽい夕日の明かりと、稲穂の黄金色がおんなじ感じで、
夕日で黄色っぽいのか、稲穂の照り返しで黄色っぽいのか判らなくなった。

なんか上手く説明出来ないし、上手く写真にも撮れなかったが、
とにかく全てが金色に照らされててとても綺麗だった。

あと、この時期は落葉松(カラマツ)も金色に染まる。
夕方に落葉松のトンネルに入ると,やっぱり
夕日の光で金色なのか、落葉松の葉を通った光が金色に染められているのか
判らなくなる。

まあ、どっちでもいいけど。
綺麗だから。

今日で3回忌

の、はず。

5年位前になるのか?
バイト先の人に初めてラブレターなる物を貰った。
だが、自分よりも見た目も性格も良い人が居るだろうから、
そういう人を探した方が良いぞ、ということでまあ
お断りの手紙を返した。

でもまあ、そんなにあっさりあきらめるのは・・・、と言われ、
一緒にどっか行ったり位はしたりなんかはした。

で、まあ、10月23日日曜だったと思うのだが、
同じバイトの人からメールがあって、その人が
死んだという連絡が入った。

朝、軽に乗っていて塀にぶつかったそうな。
どうやらウトウトしてしまったのではないか、とのこと。
ほんの80cmほどの塀にぶつかっただけ。
だが、軽の前面が潰れ、それに心臓が潰されて即死。

今の軽は前面がちょっと出っ張っていて、ぶつかってすぐには
潰れない様になっているが、しばらく前のはぶつかる=潰れる。
軽なんぞ事故ったら即死亡だと言われたが、まさにその通り。

病院に見に行って、しばらくして、やっと、
自分がそいつを好きだったことに気が付いた。
鈍感とか鈍いとか遅いとかそういうレベルを超えている。
とはいえ、死んでしまったらどうしようもない。
伝えようにもどうにもならん。

とりあえず、誰かを好きになってそれをその誰かに
伝えたら、そう簡単に死んだらあかんと思った。
残された相手は本当に、どうしようもない気分と一緒に残されるから。

中途半端な状態で死ぬのは一番いかんなぁという話。
って、中途半端な状態にしたのは自分か・・・

久々焼肉食べ放題 すたみなバイキング

伊那市のすたみなバイキングに行ってきた。
焼肉や寿司やらが食べ放題のお店。

ランチだと1100円。でも、60分限定。
ドリンクは別料金なので頼まず。

いっぱい食べたけど、時間が短くて
あんまりお腹いっぱいになった気がしなかった。
たこ焼き(冷凍のだけど)も食べられたからまあ良し。
あと、バイキングお約束の冷凍ライチ。結構好き。

食事の後、古本屋とか見て回ったけど、やたら体があったかかった。
薄手の長袖だったが、袖を折り返して半袖にしてた。

って、これ、食べた物早速燃焼させちゃってる!?
意味ないじゃん!

えーとねぇ

あのねぇ

バイクねぇ

車がねぇ

無くてねぇ

運ぶのがねぇ

来週にねぇ

なるんだってぇ

5才の子の喋りを真似してみた。

……てめえの耳元で真夏のセミのごとくミンミン泣いてやろうか?
それとも秋だから鈴虫のリンリンが良いか?
いっそのことクツワ虫か?
ガチャガチャガチャガチャガッチャガチャか?


…………泣くぞ?

ばいくが~

手違いで~
もどってこない~
明日バイク屋さんに行って来る

それはそうと、今日もタヌキと追いかけっこ

今日は、道の真ん中でイチャイチャしていたカップル。
ぎりぎりまで車に気付かねぇの。
慌てて走り出したけど、やっぱり進行方向。
アホー!!と叫んでやった。

猟期になったら美味しく食べてやるから覚悟しとけ

寒!

今朝(5時ごろ)は完全に車の窓が凍ってしまっていた。
霜で完全に真っ白で、前が見えない。
解氷スプレーで何とかなったが、
そろそろ窓に凍り避けの布なり何なりをかけないかんなぁ。

薄荷のケンちゃんもそろそろ収穫しないとなぁ。
霜があたらない所においてぎりぎりまで
でかくしようと思っていたが、それも限界。
明日収穫かな?

今日は帰り道、タヌキと追いかけっこをした。
べつにしたくてしたわけではない。

夜の道の真ん中に光るものがあった。
すぐに、動物だと判ったので減速したら、タヌキ。
近づくと
「ど~しよぉ ど~しよぉ」
という感じでうろうろ。
もうちょっと近づくと、慌てて走り出した。
でも、そっちは進行方向だ!!

左右が林なのですぐに逃げられるはずが、
なぜか道を真っ直ぐ走っていくタヌキ。
結局500m近くそのまま進んで行った。
あほか。

さらにそのあと、悠々と道を渡るネコに遭遇。
お前ら、もう少し車に対して危機感持て。
交通安全について学校で教わって来い。

GBが~

もどってくる~

月曜日~

直ったよ~

思ったより安く済んだよ~

早く乗りたいよ~

ちょっと幸せ気分~

月曜日が楽しみでしょうがない。
気分がしずみっぱなしだったけど、
ちょっと浮上してきた。

就職試験は・・・予備校通って来年頑張ろう

そう言えば、Yahooニュースで30kgを超える地図があると載っていた。
ちょっと欲しい。
てか、こういう一歩間違えると(既に間違えている感もあるが)
馬鹿ばかしいアホな商品にしか
ならないものを作ってしまう感覚が好きだ。

暑い!!

緯度も高度も低いところに来ている。

暑い。

すっかり体が高冷地仕様になってしまっている。
こっちで暮らせんのかちょっと心配になる。

長いことこっちにいればそのうち慣れるか?
その前に暑さでばれるか?

命を落し物

山道を走っていたら、赤いブドウの葉がとても目についた。
ヤマブドウあるかな~と車をおりてふらふら歩いていたら、
道の真ん中に何か落ちているのを発見。

ニホンリスだった。

すぐ近くにかじり痕のある栗が落ちてた。
道際には山栗の木があって、実が落ちていた。

どうやら、栗をかじっていた所をはねられたらしい。
食い物に命をかけてしまったようだ。

まだ暖かく、はねられたばかりのようだった。
見た目も、とても綺麗な状態だった。
冬毛になっててフカフカのモフモフだった。
せっかくだから毛皮をいただこうかと思ったが、
出掛けるところだからやめといた。
踏み潰されないように、道のわきの森に移動させた。
狐なりなんなりに食べてもらえるだろう。

ちなみに、死んだ直後から動物の体表面からは、
外部寄生虫が離れ出す。
そして、触れた者の体へ移って行く。
また、野生動物の体には、内部寄生虫の卵や病原菌も
いっぱい付いているので、触れない方が無難。
フワフワだ~とか言って撫でるのはもってのほか。

動物(特に死んだ動物)に触ったら必ず手をよく洗いましょう!

タイヤはきかえ

4輪のタイヤを履き替えた。

スタッドレスからノーマルに。

4輪なんてほとんど雪があるときしか乗らないから、
常にスタッドレスでも大丈夫

そのはずなのに、
バイクが戻ってこないから
遠出をしなくちゃいけないから
タイヤがかなり減ってきたから
タイヤを交換した。

ノーマルタイヤはほとんど新品状態。
・・・うれしくない。

明日、就職試験のため出かける。

バイクで出かけたかった・・・・
なんかすでに負けた気分。

細々したこと&かけーぼ10月

昨日作ったナメコとワカメの味噌汁。
ナメコが多いため、ヌメヌメと言うかヌルヌルと言うかズルズルの味噌汁になっている。
今日も沸かして頂く。味噌汁を沸かしてはいけないとか無視。

サンマを買いに行ったが、安くなかった+火を起こすのが面倒になって鰹の刺身に浮気。

刺身は酒が欲しくなるなぁ…勉強しなきゃだからお預けだけど。

試験まであとわずか。やっぱり社会がウィークポイント。

かけーぼ10月
土産 1500
雑貨 210
ガソリン 2910
マヨネーズ1キロ 298刺身 480
オニギリ弁当 198

昼飯にオニギリ弁当+刺身つまみ食い。
ナイフ持ってて良かった

巨大ナメコ


ナメコ貰った。
ほだぎのナメコだからデカイ。
乾燥ワカメと一緒に味噌汁にした。

南瓜の煮物つくる。
一口大に切った南瓜に砂糖オオサジ2つかけて放置。
汁が出たらメン汁オオサジ1入れて落とし蓋して煮る。

松茸御飯作る。
米4合くらいかして、水入れて、
スライス松茸入れて、メン汁オオサジ3入れて炊く。

豪華な夕食。
これでサンマでもあれば完璧なのだが、
今日の主菜はシーチキン。

明日買い物行こう。

いじめられた

こないだ知り合いにいじめられた。

周りの人は皆、自分がバイク乗りだということを知っている。
バイクが壊れてから、いろんな人に
「バイクどうしたの?」と言われ、そのたびにへこむ。
さすがに最近は皆、バイクが壊れてしまったことを理解して、
バイクのことを聞いて来る人も居なくなった。

が、この間の会話
「まだバイク直んないの?」
「エンジンのパーツが届かなくて・・・」
自分は83pのダメージを食らった!!

「直すのいくら位かかるの?」
「ひと月分の給料くらいですかねぇ・・・」
「買ったほうが安いんじゃない?」
自分は107pのダメージを食らった!!
・・・買ったほうが安いは、バイク屋さんにも言われた・・・

その後も、「踏ん切りつけて買い換えた方が良いよ」とか、
「早くしないと雪ふっちゃうよ」とか、クリティカルヒット連発。
自分、瀕死状態。

最後、今まで他に行っていた奥さんが帰ってきて一言
「アレ?その格好でバイクじゃ寒くない?」
「・・・・今日も車です・・・」
 駄目押し

・・・・泣くぞ?
蝉のようにミンミン泣くぞ?
ヒグラシのようにカナカナ泣くぞ?

GB!!早く直って来~い!
雪が降っちゃうよ~!!

怪我を早く治す方法 おまけ

怪我を早く治すために色々貼るが、
その前に出血をひとまず止める必要がある。
そんな時は、傷口を吸うと良い。

傷口付近の血を吸いきってしまえば、
しばらくは血が出ない。
その隙にテープを貼ってしまう。

さらに上手くいけば、傷口を吸う事で、
傷にショックから血管が収縮している上に
吸われて血管がさらに縮こまり、
出血自体も止まる。

小さい傷や表面近くの傷であれば、出血しているのは
毛細血管や真毛細血管なのでこの方法が有効。

ただし、これは大きい傷のときは使えない。
一時的には止めることが出来るが、
ちゃんとした血管はこんなことじゃ塞がらない。

この方法は子供でも使える。
ひとまず血をつけないように服を脱ぎたいとか
そういうときに使える。絆創膏張る前とかにも良い。
まあ、血の味が苦手な人には使えないが。

怪我を早く治す方法 その2 切り傷の場合

切り傷の場合傷口が深い。
ぱっくり開いた傷口の左右を癒着させるのが一番早い。
手術の後傷口を縫うのと同じ。
当然縫うなんてこと出来ないから、使うのはビニールテープ

方法とポイントは以下

ポイント1 傷口をよく洗う
あ、これ、皮はがれたときも同じだ。

ポイント2 やっぱり、水にぬらさないこと
理由は皮がはがれたときと同じ。

ポイント3 元の通りに傷口を合わせる
ぱっくり開いた傷口をぴったり合わす。
あわしたら引っ付ける。
ここで出てくるのがビニールテープ
電気工事士のお約束。

ポイント4 出来るだけ傷のある部分を動かさない。
動かすと傷口付近にしわが寄って傷がぱっくり開く。

この方法は、関節部分では失敗することが多い。
どうしても動かすし、動けば傷口が開くから。

肌が弱い人は、ビニールテープはなく、絆創膏の
粘着テープ部分で皮膚を付けた方が良いかも知れない。

あと、ポイントおまけ。
ビニールテープを巻くときは、強く巻きすぎると血が止まる。
危険。

勿論この方法も、テープをはがしてしまう子供には使えない。
あと、テープをはがすときに気をつけないと、
折角癒着しかけた傷口を開けてしまうこともある。

ていうか、やったことがある。

怪我を早く治す方法 その1 

10月3日に作った傷がひとまず塞がった。
さすがに内側の傷はまだ治っていないけど。

この時のように、けっこう広い範囲で皮がはがれた場合、
早く怪我を治す方法がある。

ポイント1は皮を剥がさないこと。これが大事。
皮を元の位置に戻し、上から絆創膏を張る。
で、皮が動かないようにしっかり固定。

ポイント2は水に濡らさないこと。
濡れるというか、皮と肉の間に水が入ると、化膿するし、
治りも遅くなる。

ここで登場するのがビニールテープ
傷にビニールテープは電気工事士の常識。
絆創膏の上からビニールテープで巻く。
切り傷のときは直巻きするけど、皮がはがれた時に
直巻きすると、うっかりテープを皮と一緒に剥がしてえらいことになる。

ポイント3は、出来るだけそのままの状態で長いこと置いておくこと。
触ったり、絆創膏換えたりしない。
絆創膏を換えるのは傷がふさがった時か、
うっかり濡らして絆創膏が剥がれた時。

ただし、この方法は子供には使えない。
なぜなら子供は絆創膏を剥がすから。
絆創膏を剥がしたい!という気持ちを我慢できるオトナだけが使える方法。

燃えよドラゴン 映画とは全く関係ない

作ったものの全然記事を作っていない本のカテゴリにちょっと記事を加える。

題名:手塚治虫のえほん館① 燃えよドラゴン
ジャンル:児童書(絵本)
著者:手塚治虫
食べ応え:一口チョコ

マンガで有名な手塚治虫の絵本。
たまたま図書館に行ってふと見たらそこにあった。
昔読んだ気がしたので手に取った。

これ、家にあるやつだ、と思い出す。
ドラゴンの絵がお気に入り。

絵も可愛いし、話の内容もわかりやすい。
いくつか話が入っていて、外国のお話なんかも入っている。
ただ、絵本なので、すぐ読み終わってしまう。当たり前か。
マンガとはまた違う、柔らかい絵を見ることが出来る。

でも多分絶版。
見られる機会はないかも。

久々に愛人に会った時

ブログ開いたら訪問者数が5999人だった。惜しい。

しばらく前、数ヶ月ぶりに愛人宅へ行った。
いつもきゃあきゃあ騒がしくてはしゃいでばかりいるそいつが、
最初はいつも通り飛びついて来たのに、
急に静かになってそっと寄り添ってきた。

いつもと違う態度にいつも以上に可愛く見えた。
もう歳だから、と言うのもあるかもしれないが、
ひたすら寄り添ってくる姿が可愛い。
腕の中に体を収めている姿が可愛い。

主人が来るとなんとも複雑な顔で少し離れて、またちょっと寄り
そって来る。その愛人の、困った感じがまた良い。

もふもふの毛に顔を埋めると、日本犬らしい匂い。
雑種なので、純柴なんかよりは匂いはきつめ。
それでも洋犬とは違うこの匂いに癒される。

ちなみに、正妻は実家に居る。やっぱり日本犬系の雑種。

ついでに、愛人は各地に3人ほど居る。犬だけど。

ホームに戻る
| | 右端へ|


 

プロフィール

M・S

Author:M・S
2012年11月28日~毎日更新。

ブログ引越し一周年企画迷走中。
二周年企画完了。
元ブログは↓

最新記事

↓お気軽にどうぞ↓

足跡帖

万屋日記(元:Yahoo!ブログ)のゲストブックに繋がっています。
返信は遅くなる可能性があります。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

日記 (4302)
工作・手仕事 (535)
バイク (451)
食 (748)
本 (132)
雑学・雑考 (251)
隔離室 (45)
未分類 (276)

かうんた

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

たぐ(記事が古い順に並ぶ)

一人ツーリング 旅行 レシピ 季節行事 ウチの嫁(生物の方) 植物 ドイツ旅行 猟記録 和装系 

月別アーカイブ